2016年04月25日

キラキラしたイケメン男子に告白されたい女子でボロ儲け!? の巻

『キネマ旬報 2016年3月下旬号』で雑談する会(13)

雑誌部「《第3章 ワイド特集 映画界事件簿》の[少女コミック映画化の
       背景にあるもの]には、驚くべき情報が紹介されていますね」

無知「映画【orange -オレンジ-】がヒットしたことで
        原作コミックの売れ方が半端無い(((゚Д゚;))) 」

雑誌部「映画化が発表された時点で150万部だった5巻のコミックの累計
        部数は、400万部を突破=v

無知「しかも原作コミックは元々集英社で連載されていたのに原作者が
      体調を崩して休載し、一時、未完のまま終わるのではないかと
      危ぶまれた同連載が双葉社へと移った≠ニ、ドラマチックな
      エピソードが!」

三畳間「集英社は苦虫を噛み潰しているだろうなぁ (´ε` )  」

無知「驚くのは、【orange -オレンジ-】がレイティングを下げて
      小学生でも観られるようにキスシーンが無いって(゚A゚;) 」

三畳間「一般の高校生がキス動画を作る時代に、キスシーンない恋愛
       映画がウケるって・・・どうなってんの?w 」

雑誌部「レイティングを下げた事で、全国の小中学生の女子が
      友達数人と一緒にシネコンに来たとしたら・・・大ヒットも
      納得ですかね?」



無知「少女マンガ実写化映画のキャスティングの秘密は
       興味深い( °_° )  」

雑誌部「ヒロイン選びでは、スター性よりも透明感があり、観客である
      少女たちが自分を投影できる、もしくはメンタルな揺れを
      表現できる演技力があることを重視している=v

三畳間「ギャラが高い出演者が少なくて大ヒットするんだから
      少女マンガの実写化は止められないだろうなぁ(´-д-`) 」

雑誌部「相手役には絶対の王子さまタイプを配する。山崎賢人、福士
      蒼汰らが複数回抜擢されているのは必然ゆえ。
      高校生の直球ど真ん中な恋愛を、照れて斜に構えることなく
      演じられる、ある意味のプロフェッショナルさが求められる=v

無知「なるほどねぇ・・・少女マンガの実写化が発表されて、出演者に
      関して、またこの俳優なのって言われるのは、限られた
      俳優しか演じられないからなのか(゚〜゚)  」

三畳間「福士さんや山崎さんって、今後も少女マンガ実写化映画に
      出まくるでしょ!?」

雑誌部「福士蒼太さんは【ぼくは明日、昨日のきみとデートする】に、山崎
       賢人さんは【オオカミ少女と黒王子】【四月は君の嘘】【一
       週間フレンズ。】に出演されますね」

無知「“絶対の王子さま”を演じられる俳優枠は、山崎さんが独占!?w 」

三畳間「女子中高生の理想の王子様か・・・山崎さんと熱愛が発覚しちゃった
      土屋太鳳さん・・・大丈夫なのかな(^_^;) 」

posted by クロ at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175035576
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック