2016年05月12日

いい映画を撮れば撮るほど予算が低くなる国の映画界に未来はあるのか? の巻

『映画秘宝 2016年4月号』で雑談する会

雑誌部「【マジカルガール】特集には、カルロス・ベルムト監督と園子温
       監督の対談が載っていますね」


無知「自主映画の製作費でその国の基準がわかるって話は
         興味深いね( °_° )  」


雑誌部「アメリカや中国じゃ1億円
          日本だと自主映画の相場は500万円=v


三畳間「カルロス・ベルムト監督曰く
    スペインは6千万くらい≠ネのか( ゚д゚)  」


無知「日本の場合、本当の自主映画なら100万円以下で撮っている人の方が
         多いでしょ(´-д-`)  」


三畳間「アメリカでは日本の大作映画と言われる製作費が中規模扱いだけど
       中国の1億円には驚いちゃう人も少なくないんじゃ?」


無知「中国が1億円って・・・
    映画製作が活発化している証拠かもね(´゚ε゚`)   」

posted by クロ at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175270478
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック