2016年05月16日

ユカ役にも注目しなきゃダメなんだってばよっ の巻

気になる雑誌の記事で雑談する会

雑誌部「最近発売された日本映画の情報が掲載されている雑誌で
       気になった記事はありますか?」


無知「『Cinema☆Cinema No.63』『シネマスクエアvol.84』
       『+act. 2016年6月号』『J Movie Magazine Vol.10』など
       色々な映画雑誌が【ヒメアノ〜ル】の特集をしているけど
       森田剛さんと濱田岳さんとムロツヨシさんのインタビューが
       多く、吉田恵輔監督のインタビューが少ないのが残念」


雑誌部「『+act. 2016年6月号』には、森田剛さんと吉田恵輔監督のインタ
       ビューがありますが・・・」


三畳間「現役のジャニーズのアイドルが殺人&過激暴力シーンを演じるのは
       当然スゴいけど、唯一、『日本映画navi vol.63』のインタ
       ビューで、吉田恵輔監督が佐津川愛美さんが脱いでいる事に
       触れているね(*´v`*)  」


雑誌部「吉田恵輔監督が原作ファンを無視してキャスティングしたからには
       暴力描写だけじゃなく、上半身裸で破れた黒ストッキング
       姿など、佐津川愛美さんの体当たり演技が高く評価されると
       良いんですが・・・」


無知「日本アカデミー賞やスポーツ新聞系の映画賞は大人の事情で
       ノミネートさえ出来ない可能性があるだろうけど・・・
       日本プロフェッショナル大賞やヨコハマ映画祭、高崎
       映画祭で、助演女優賞を獲って欲しいなぁ(´▽`)  」


三畳間「この映画をキッカケにブレイクしたら【ヒメアノ〜ル】のヌードが
       お宝映像化するでしょ(*´3`*) 」


無知「【腑抜けども、悲しみの愛を見せろ】からブレイクしそこねた感が
       あったけど・・・吉高由里子さんや尾野真千子さんみたいに
       脱いだ後にブレイクするパターンになるのか、脱ぎ損と
       言われるパターンになるのか、どっちに転ぶんだろう・・・」


三畳間「【海と夕陽と彼女の涙 ストロベリーフィールズ】から
       10年か・・・谷村美月さんに負けないくらいの演技力が
       あるんだけど、中々当たり役といえる作品に出会えていない
       のが残念だったけど【ヒメアノ〜ル】で女優人生が変わると
       良いんだけどねぇ( ´_ゝ`)  」

posted by クロ at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175312308
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック