2016年02月13日

作家性が滲み出た、“後を引く”映画 の巻

『キネマ旬報 2016年1月上旬号』で雑談する会

雑誌部「5ページ使った映画【友だちのパパが好き】の山内ケンジ監督の
             インタビューは読み応えありましたね(´・∀・`)  」

三畳間「【ミツコ感覚】公開時には監督取材の機会を逃した$村さんの
        山内監督に対する思いが伝わるインタビューになってる?w 」



無知「山内監督、撮影をカメラマンにお任せしちゃうくらい
           信頼しているんだ」

雑誌部「橋本清明カメラマンとはCMでも仕事しているから
            安心してお任せ出来るんでしょうね」

無知「静岡県のパチンコ屋のCMのスゴさは、古舘寛治さんのインタビュー
            記事で度々話題になるくらいだからなぁ(´ε` )  」

雑誌部「ローカルCMにしておくのは勿体無いくらいの面白さらしいですね」

三畳間「ある意味、古舘寛治さんの代表作は映画よりも
            コンコルドのCMだったりする?w  」



無知「山内監督に、今まで原作・マンガの映画化のオファーが
            沢山あったんだ(゜ロ゜)  」

雑誌部「原作やマンガを渡され、実際やりかけて、途中で頓挫したり
            いろいろありました=v

三畳間「幻に終わった作品が何だったのか気になるなぁ(゚ε゚)  」

無知「山内監督の『世にも奇妙な物語'02 春の特別編』の[マンホール]が
        抜群に面白かったからオファーが殺到するのは当然だけど
        数多くの企画が実現出来なかったのは勿体無いよ・・・」

雑誌部「ちなみに山内ケンジ監督は2015年に岸田戯曲賞を受賞した
            『トロワグロ』を映画化、撮影済みなんですね」

三畳間「スゲー楽しみ(@゜▽゜@)  」

無知「世界から注目されるのも時間の問題か(´ー`)  」

posted by クロ at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年02月12日

友人のイマヘイからの誘いを断っていたら歴史は変わっていた!? の巻

『キネマ旬報 2016年1月上旬号』で雑談する会

雑誌部「加藤武さんの連載《因果と丈夫なこの身体 加藤武 芝居語り》には
       貴重なエピソードが満載ですね(´・∀・`) 」

無知「今村昌平監督とのエピソードが興味深い( °_° ) 」

雑誌部「今村監督、松竹に入る前に隅田川の船会社に
   勤めていたんですね( ゚д゚) 」

三畳間「松竹の助監督時代に小津組で原節子さんのお尻を
          マジマジと見ていた話はイメージ通り!?w 」



無知「【東京物語】のエピソードは驚いたなぁ(゚A゚;) 」

三畳間「笠智衆さんに繰り返しダメ出しって(((゚Д゚;)))  」



雑誌部「【東京物語】は、1953年度の『キネ旬』で
           第三位に選ばれていたのは有名な話ですよね」

無知「確か、世界の映画監督が選ぶランキングで1位になったって
          ニュースを読んだ記憶が・・・ 」

雑誌部「世界最古の映画協会の一つである英国映画協会が10年に1度
        発表している[映画監督が選ぶベスト映画]で、1位に選ばれて
        いましたね」

無知「結局、海外での評価が逆輸入されるパターンは
       昔から変わっていないって事なんだな(´-д-`)  」

posted by クロ at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年02月11日

関西在住のハーフのお坊ちゃまではありません!? の巻

『キネマ旬報 2016年1月上旬号』で雑談する会

雑誌部「賀来タクトさんの連載《映画音楽を聴かない日なんてない》で
          ゲイリー芦屋さんの経歴が判明しましたね(´・∀・`) 」


無知「90年代後半、日本映画好きにとって謎の人物だったからなぁ(゚〜゚) 」


雑誌部「社交ダンスの教師を務めている父親のもと、3歳から小学4年まで
        ピアノの英才教育を受けたものの、早々に「音楽では
        食べていけない」と判断し、一般の大学へ。その後、サラ
        リーマンを経てレコード店でアルバイトをしながら音楽
        ライター業をこないしていたところ、学生時代より岸野
        雄一、岡村みどりら京浜兄弟社の関係者と交流を持って
        いたことが人生を変えた。佐々木浩久監督のWOWOW用短篇
        【情熱の荒野】で岡村みどりの補作だけをする予定が
        いつの間にかメイン作曲家になり、同じ佐々木監督の
        オリジナルビデオ作品【監禁列島 美しき女豹】で長篇映画
        音楽デビュー。続く【CURE キュア】で劇場用デビューを
        飾ることに≠ネったんですね」


三畳間「黒沢清監督の映画【CURE】の裏話も面白いなぁ」


雑誌部「【CURE】のラストシーンは特に驚きましたね。全然関係ない
        場面の音楽を尻合わせでつけてみたら、人間の意志の及ばない
        不安感が出てきて。その瞬間、黒沢監督の音楽演出の虜に
        なりましたね=v


三畳間「ダビングしているときに突発性を狙ったシャッフルによって起きる
          ミラクルか(゜ロ゜)   」


無知「偶然というか必然というか・・・映画の神様が降りてくる瞬間に
          立ち会えたなんて羨ましい ( ´▽`)  」

posted by クロ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年02月10日

スクリーンでは観られなかった闇が・・・ の巻

『キネマ旬報 2016年1月上旬号』で雑談する会

雑誌部「《ハッピータイム 見たいものひとりじめ》で[実相寺昭雄
        BD-BOX]が紹介されていますね」

無知「フィルム上映よりもBDの方が見やすいって驚いた(゜ロ゜) 」

雑誌部「モルモット吉田さん曰くHD化された【哥】を観ると、黒の階調が
        見事に再現されており、これまで真っ黒に潰れていたような
        部分も様々なディテールが浮かび上がり、各カットの情報量の
        多さに驚かされる。公開時のフィルム上映ではこれらが
        見えていたのかと思いきや、環境によっては見えないことも
        あった≠ですね( °_° ) 」



三畳間「「BD-BOXのみの特典映像が魅力的だ(´・∀・`) 」

雑誌部「BOXのみの特典映像として【哥】137分バージョンが初収録される。
       興行上の理由から短縮して公開されたが、長尺版は細かな編集の
       違いが見られるだけに、【哥】の再評価を迫る映画史的にも
       画期的な事件≠ニモルモット吉田さんが仰るくらいでスゴい事
       なんですね」

無知「カメラマンの中堀さんが見直すと長尺版のほうが良いなと
       思いましたね。これまでより17分長くて94カット増えたので、
       映画に入りやすくなっています≠ニ言うんだから単品で買うより
       特典目当てでBOXを買わざるを得ない!?w 」



雑誌部「【海街diary】の是枝裕和監督のインタビューも載っていますね」

無知「鎌倉の古い家屋が無かったら映画の出来が変わっていたって話は
         興味深いね」

雑誌部「是枝監督曰くあの家自体が時間の積み重ねを持っていますから。
       本当にあの家と出合えて良かった(笑)。後半、すずと幸が
        縁側で梅ジュースを飲みながら話すシーンで庭に蝶が飛んで
        ますが、セットだったら蝶は飛ばないし、風も吹かない。
        そういう至福感がそこかしこに見える映画になった≠フも
        鎌倉の古い家屋のお陰なんですね」

三畳間「CGで蝶を飛ばすのも人工的に風を吹かせることも出来るけど
        映画の神様が現れる瞬間を体験出来るのはセットじゃ無理
        だもんなぁ」

posted by クロ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

バービー人形研究家の馬美人魚熊三郎先生に教わった事は忘れない!? の巻

『キネマ旬報 2016年1月上旬号』で雑談する会

雑誌部「《NEWSアメリカ》で気になった情報ありましたか?」


無知「バービー人形の創作者が映画化されるんだ(゜ロ゜)   」


三畳間「日本ならリカちゃん人形の創作者が映画化されるみたいな
    もんか(゚〜゚)  」


無知「『こち亀』の人形マニアの回を思い出すなぁ(^皿^) 」


雑誌部「コミック49巻の[なんてたって愛(アイ)ドールの巻]など
         フィギュア情報は『こち亀』から学んだことが
   多かったですよね」


無知「勉強になるんだよ、『こち亀』は (´ε` ) 」




雑誌部「白人キャスティング問題がアメリカで話題になっているんですね」


三畳間「エジプト人役が白人ばかりって・・・まぁ、ハリウッドらしい
           ご都合主義ではあるけどさ(´-д-`)   」


雑誌部「日本でも韓国の女優が日本人役を演じたことが
        話題になりましたけど・・・」


無知「日本人役を中国系や韓国系の俳優が演じているのが
       批判される日も近い?」

posted by クロ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年02月08日

双子は言い過ぎでも、従兄弟と言われたら信じるレベル!? の巻

『キネマ旬報 2016年1月上旬号』で雑談する会

雑誌部「鬼塚大輔さんの連載《誰でも一つは持っている》には
          伝説のスタントマンの逸話が紹介されていますね」


無知「ヴィク・アームストロングさんはハリソン・フォード似だったことで
         【インディー・ジョーンズ】シリーズにダブルとして起用
         されたんだ」


三畳間「スピルバーグ監督がハリソン・フォードさんと勘違いしたくらい
         似ているんだね(゜ロ゜)   」


無知「幼かった息子が父親と間違えてアームストロングさんと手を繋いで
         歩き出したほどなのかw 」


三畳間「激似っぷりをハリソン・フォードもインタビューのネタに
         使っていたんだ(^皿^)   」


雑誌部「ああ、俺たちはよく似ているんだ。ヴィクは、うちのかみさんと
         数晩ベッドを共にしてね。それで、かみさんは、そいつが
         俺じゃないって、やっと気付いたんだよ=v


無知「このジョーク、奥さんは笑えないんじゃないの?w  」

posted by クロ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

偏見ゆえの不条理!? の巻

『キネマ旬報 2016年1月上旬号』で雑談する会

雑誌部「斎藤環さんの連載《映画のまなざし転移》の1行目に
         橋口亮輔監督の名前が“亮介”と間違って
         掲載されていますね(゚〜゚) 」


三畳間「1行目だから気付くかと・・・まぁ、表紙の誤字をしてしまった
         『ブロス』よりはマシかw  」


無知「監督名を間違えるなんて、らしくない凡ミスだね(´゚ε゚`) 」




三畳間「斎藤先生が最後に指摘した【恋人たち】の残念な点は
         驚いたなぁ(;゚Д゚)   」


雑誌部「通り魔殺人の犯人が精神障害ゆえに不起訴となったと報道される。
        アツシをおそった最大の不条理。しかし事実はこうだ。
        わが国で起きた通り魔“殺人”事件で、犯人が精神障害ゆえに
        不起訴処分、つまり罪に問われなかったという事例は、私が
        知る限り一例も存在しない。私たちは、精神障害者が通り魔
        殺人を起こして罪に問われなった事件があったという偽者の
        記憶を共有している。精神障害に対する偏見がこうした記憶を
        模造するのだ=v


無知「ほとんどの人が刑法第39条を知っているからこそ、通り魔殺人に関して
         記憶が模造されるんじゃないのかな?」


三畳間「記憶の模造の原因は映画かドラマじゃないの?」


無知「偽者の記憶を多くの人が共有するくらいの有名な映画かドラマ作品が
        あった?」


三畳間「森田芳光監督の【39 刑法第三十九条】や【臨場 劇場版】の
         影響はない・・・よね?」


無知「映像作品で記憶の模造のキッカケを作ったのは『怪奇大作戦』第24話
         [狂鬼人間]とかかなぁ?  」


三畳間「高島礼子さんが脱いだことで有名な映画【さまよえる脳髄】の
         影響は・・・無いかw  」

posted by クロ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年02月06日

未公開だから余計に気になる!? の巻

『キネマ旬報 2016年1月上旬号』で雑談する会

雑誌部「滝本誠さんの《セルロイドの画集 シネマ・アート・ランダム》で
       日本未公開の映画【エクス・マキナ】が紹介されていますね」


無知「町山さんも『映画秘宝 2015年7月号』の連載《U.S.A.レポート》で
            【エクス・マキナ】を紹介していたよね(´・∀・`)   」


三畳間「奥浩哉先生のインタビューでも触れられていたよ」


雑誌部「この前ブルーレイで、大金持ちが女の子のロボットと二人きりで
         暮らすことになる【Ex Machina】を観たんですけど、一見
         人間のように見えても、ロボットは単にあらかじめ組み
         込まれたプログラムで人間的な反応をしてるだけかも
         しれない、でもそれを確認できない状況があるんだという、
         そのテーマ性が興味深いですね=v


無知「ちょっと前なら【エクス・マキナ】みたいな作品は
           ミニシアターで公開されたんだけど・・・」


三畳間「このまま日本未公開になるのは勿体無いよ(´・ω・`)  」

posted by クロ at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年02月05日

原作者が激怒しない程度のクオリティは保たれました!? の巻

『キネマ旬報 2016年1月上旬号』で雑談する会

雑誌部「《原作者、語る!》の映画【アイアムアヒーロー】の原作者
        花沢健吾先生のインタビューには、花沢健吾先生の好きな
        映画の話が載っていますね」


無知「主人公のカメラ目線で撮られた映画が好きなんだ(´・∀・`) 」


雑誌部「俯瞰した目線がダメなんですね」


三畳間「最近の若い人はAVも主観じゃないとダメって人が多いって
         何かの記事で読んだ記憶が・・・確か、星野源さんも
         主観AV好きって公言していたよね (^皿^)  」


無知「汚いオジサンの裸は見たくないって意見が多かったんだっけ?w」


雑誌部「話が脱線してますよ(^_^;) 」


三畳間「実写化された【アイアムアヒーロー】に関して、花沢先生が
  演出ではなく脚本を褒めているのが気にかかる(´・ω・`) 」


雑誌部「脚本が上手く大泉洋さんのキャラクターを引き出していて、純粋に
         観ていて面白かったです。ぼくからも自信を持って面白いと
         オススメできる映画になっています!≠ニ仰っていますから
         ハードル上げて劇場に原作ファンは行っても問題無い!?」


無知「とりあえず脚本を書かれた野木亜紀子さんに注目せざるを得ない!?」


雑誌部「映画【テラフォーマーズ】の原作者の貴家悠先生も
        インタビューで、原作ファンの期待のハードルを上げまくる
        発言をされていますね」


三畳間「YouTubeで公開された特報を見たファンに対して
         映画本篇はこの600倍面白いです!!≠ゥ(゚A゚;) 」


無知「撮影現場での印象に残った話での貴家先生のカミングアウトがww 」


雑誌部「隅っこに並べてあった、“小池”と書かれたアーマーの匂いを
          嗅ごうとしたら、担当編集にスゴイ怒られました=v


無知「小池栄子さんなら直接言ったら嗅がせてくれそうなw 」


雑誌部「小池さんに対して、どんなイメージなんですか!」


三畳間「貴家先生の臭いフェチを笑顔で対応してくれそなw 」


雑誌部「武井咲さんや篠田麻里子さんだと事務所から怒るでしょうけど
          小池さん・・・でも、ダメですよw  」


三畳間「嗅いでいたところをメイキング班のカメラで撮られていたら
            特典映像に衝撃映像として・・・無理か(´ε` ) 」

posted by クロ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年02月04日

5000メートルで食べる蕎麦の味は格別!? の巻

『キネマ旬報 2016年1月上旬号』で雑談する会

雑誌部「《原作者、語る!》の夢枕獏先生のインタビューには
          撮影現場への原作者の役割が書かれていますね」


三畳間「原作者が現場に差し入れをするのは珍しいことじゃないけど
        夢枕獏先生のはスケールが違いすぎる(((゚Д゚;)))  」


雑誌部「【エヴェレスト 神々の山嶺】の標高5000メートルを超える
        撮影現場まで、蕎麦職人を連れて蕎麦の出前をしたって
        スゴすぎますね(゚A゚;)   」


無知「標高5000メートルの撮影現場に出前を頼む夢枕獏先生もスゴいし
           断らなかった蕎麦職人の方もスゴいよ (´・∀・`)  」


三畳間「【エヴェレスト 神々の山嶺】がソフト化した際には、特典映像に
           差し入れの舞台裏をドキュメンタリータッチで収録して
           欲しいくらいだ(^皿^)  」


無知「完成した映画も原作者が泣くほどだから
           期待のハードルは高くしても大丈夫?」


三畳間「東宝で岡田准一さんが主演という時点で
           興収20億円は保証されているか(・з・)  」


雑誌部「映画【ちはやふる -上の句・下の句-】の原作者の
        末次由紀先生のインタビューでも一人でも多くの人に
        見て欲しい≠ニいうくらいの完成度で、原作ファンも安心して
        劇場に行くことが出来ますかね?」


無知「原作ファンは・・・広瀬すずさんをどう判断するんだろ?」

posted by クロ at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年02月03日

傑作SFの洗礼を受け、以降のSF映画の流れを肌で感じてきた世代が語る の巻

『キネマ旬報 2016年1月上旬号』で雑談する会

雑誌部「《GANTZなSF映画論 番外篇》として
           奥浩哉先生のインタビューが載っていますね」

無知「奥先生のSF映画論は興味深いなぁ( °_° )  」

三畳間「【インデペンデンス・デイ】を大絶賛してる(@゜▽゜@)  」

雑誌部「宇宙人が大規模な戦争を仕掛けてくるという『GANTZ』の
        流れは、僕なりの【ID4】なんです。それぐらい【ID4】には
        思い入れがある。あの巨大宇宙船が浮かんでるイマジネー
        ションはいまだ、どの侵略映画も超えられてない=v

無知「さらに侵略SF映画はほとんどの映画が【ID4】の影響を受けて
         いるんじゃないでしょうか≠ニ言うくらい褒めまくり」

三畳間「【ID4】は満員の新宿の映画館で観たっけ(´ω`)  」

無知「スクリーンの目の前の席だったから、宇宙人がガラス窓に
          衝突してくるシーンのインパクトが増したもんw 」



雑誌部「三池崇史監督の【テラフォーマーズ】に対する奥浩哉先生の
          成功と失敗の例えが分かり易いですね」

三畳間「ハリウッドみたいなものを期待するとむずかしいとは
        思うんですけど、三池崇史さんは手練というか、ある時間を
        飽きさせずに観せてしまう技術がある監督なので、ちょっと
        グロい描写とかで、十代の子とかは飽きずに、刺激的に
        観られるかもしれませんね。成功したら【神さまの言う
        とおり】のように中高生にウケて、失敗したら【極道大
        戦争】。もともと原作が今のマンガの流れに乗ったバトル
        マンガなので、SFとして見るとちょっと何だこれ?と
        思われるかもしれない=v

無知「20億円超えるヒットになりそうだけど・・・原作ファンからボロカスに
          叩かれるんじゃないかなぁ(^_^;) 」



雑誌部「星野之宣先生を名指しで絶賛されていますね (´・∀・`)  」

無知「質の高いSFマンガでは、僕は星野之宣先生が一番と思って
         いるので、星野作品をそのままビッグ・バジェットで
         映画化すればいいじゃないかと思ったりするんですけど、
         それを許さないのが日本の土壌なんですね≠ゥ・・・」

三畳間「星野作品の実写化の権利をハリウッドが欲しがっていそう (゚〜゚) 」

無知「日本よりも製作費と技術があるハリウッドで実写化してもらった方が
           星野作品の場合上手くいきそうな・・・気もする(・з・) 」

雑誌部「奥浩哉先生が個人的には人生のなかでいま一番期待していること
       が、【GANTZ】3DCG版の完成なんですね」

三畳間「大コケの臭いがしなくもないが・・・」

無知「3DCG版は日本よりも海外ウケしそうな(´・ω・`)  」

posted by クロ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年02月02日

初出場会見の舞台裏で起きた悲喜こもごも の巻

『TV Bros. 2016年1月16日号』で雑談する会

雑誌部「松尾スズキさんの連載にある河井克夫先生のマンガには
          驚愕のエピソードが(;゚Д゚)  」

三畳間「表紙に載った河井さんの名前が間違っていた!!w 」

無知「表紙の誤字は珍しいね(゜ロ゜)  」

三畳間「年末の忙しい時期にチェック機能が働かなかったのは同情するけど
          表紙は流石にマズイよね(´゚ε゚`) 」

無知「まぁ、気付かなかったけどさ(^皿^)  」





雑誌部「細野晴臣さんと星野源さんの連載《地平線の相談》には
          紅白歌合戦裏話が載っていますね」

無知「NHKのプロデューサーが星野源さんのところに連れてきた
       星野源ファンの初出場の中の一人の女の子≠チて誰だろ?」

三畳間「初出場っていうと・・・おそらく乃木坂46の子だろうね(゚〜゚)  」

無知「震えながら握手した後に奥の物陰で号泣するくらいの大ファンなのか」

雑誌部「号泣するくらい好きって事を知っていた
           NHKのプロデューサーの粋な計らいですね(´・∀・`)  」

三畳間「もしくは職権乱用?w 」

雑誌部「良い話の流れにして終わりましょうよ(^_^;)  」

posted by クロ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年02月01日

下町さんが主役の映画 の巻

『TV Bros. 2016年1月16日号』で雑談する会

雑誌部「映画【俳優 亀岡拓次】公開記念で主演の安田顕さんが
        表紙を飾られていますね」


無知「久々にインパクトのある表紙が(´ε` )  」


三畳間「5ページ使った読み応えあるロングインタビューのはずなのに
         頭に残ったのは“耳毛の話”(^皿^)  」


無知「【俳優 亀岡拓次】の特集には、以前『ブロス』でやった再現ドラマの
          俳優特集みたいなのをやって欲しかったなぁ(・з・)  」


雑誌部「『テレビブロス 2003年9月13日号』の《再現ドラマのディープな
          世界》ですね」


三畳間「[再現ドラマスター名鑑]の2016年版を【俳優 亀岡拓次】の特集で
           やるって、ピッタリの企画じゃないの?」


雑誌部「名前は知らないが顔は認識されている俳優が主人公の映画の特集には
          確かに合っていますが(^_^;) 」


無知「最近、『アンビリバボー』の再現ドラマ俳優でCMに出演している人も
       居たりするし、[再現ドラマスター名鑑]の需要はあるはずだけど
       なぁ(゚〜゚)  」


雑誌部「柾賢志さんですね(´・∀・`)  藤本美貴さんが出演されてる
      ハウス食品のシチューのCMに旦那さん役で出演されていますね」


三畳間「再現ドラマスターの柾賢志さんへのインタビュー、昔の『ブロス』
         なら、実現してくれたはずだけど・・・今は無理か (゚〜゚)  」


無知「安田さんのバーターの印象があると勘違いされそうなミスターの
       インタビューも大事だけど、映画の内容とリンクした企画も
       あって良かったかもと個人的には思う(´-д-`) 」


雑誌部「『バイプレーヤー読本』では紹介されない、再現ドラマ俳優の特集を
           実現出来るのは『ブロス』だけでしょうねぇ(´・ω・`)  」


無知「毎号、企画が尖っていた頃なら出来ただろうけど
           今は売れる内容じゃないとダメだから(´・_・`)  」


三畳間「映画専門誌じゃやらないような、安田さんと福本清三さんの
            対談とか実現させたりするのが『ブロス』っぽいと
            思っているのは少数派か・・・」

posted by クロ at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年01月31日

昭和49年に小学三年生の女の子が外国人と関西へ旅行に行く映画 の巻

『エンタミクス 2016年2月号』で雑談する会

雑誌部「《アニメ『ちびまる子ちゃん』TARAKOと監督が選ぶBEST
         ホロリ話トホホ話》には懐かしい初期の頃のアニメ版が
         紹介されていますね(´・∀・`)   」

三畳間「90年代前半までは毎週かかさず見ていたな」

無知「TARAKOさんと高木監督が選んだエピソードは
          毎週見ていた頃だから記憶に残っているよね」

三畳間「特にドリアンの回は何故か未だに印象が強くて
          子供心に永沢の家が火事になった回よりもインパクト
          あったのが不思議だ(^皿^)   」

無知「ついでに『有吉弘行のダレトク』で小沢仁志さんがフィリピンで
         ドリアンが臭くないこと証明した回も思い出した(´ε` )  」



雑誌部「【映画 ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年】の脚本は
           原作者のさくらももこ先生が担当されているんですね」

無知「【ドラゴンボール】や【ワンピース】など、原作者が脚本を書く
           パターンが成功しているからねぇ (゚〜゚)  」

三畳間「映画版では野口さんの意外な一面が見られる!?」

雑誌部「ミステリアスで無口な野口さんだが、映画では驚きの一面も?≠ニ
            野口さんファンには気になる一言がw  」

無知「ジャイアンがテレビ版と映画版では違うように
            さくら先生が映画版では野口さんのイメージを覆す
            イジり方をしているのかな!?」

posted by クロ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年01月30日

DVDマガジンが爆発的大ヒットしたら映画が作られるんだってばよっ の巻

『エンタミクス 2016年2月号』で雑談する会

雑誌部「2号連続の【あぶない刑事】特集の前編“RUNNING SHOT編”
        《緊急掲載 日本には【あぶない刑事】がいる。》には
        主演の舘ひろしさんと柴田恭兵さんの対談が載っていますね」

無知「舘さんが年齢を感じさせない機敏な動きが出来る理由がw 」

雑誌部「普段やってるのは乗馬とゴルフくらい。あとは腹筋を一日一回。
          寝るとき半分、起きるとき半分だね≠チて(^皿^) 」

三畳間「舘さんの持ちネタ?w  」

無知「恭兵さんは僕はずっと草野球をやっていたので体作りは全然必要
         なかったかな。だから今回の全力疾走シーンもまったく問題
         なし≠ニ仰っているけど、これって武井壮さんがフジテレビの
         『何を隠そうそれが・・・!』で披露したエピソードに
         繋がるね」

三畳間「お互いの第一印象の話で舘さんのことを『あぶデカ』のお話を
        いただく前にプールバーで舘さんをお見かけしたけど、その
        頃から男の色気というかダンディなオーラを放ってました
        (笑)。外国人の女の子を連れてカッコよかった≠ニ
        恭兵さんが語っているけど、舘さんが外国人の女性を連れて
        遊びまくっていたってエピソードは、テレビ番組でおすぎと
        ピーコさんが時々暴露しちゃってたよね(^ヮ^) 」




無知「“あぶデカ伝説”が紹介されているけど同シリーズ、同キャストの
        刑事映画全7作は【ダイ・ハード】を抜き世界新°L録って
        映画の宣伝担当が会議でインパクトある記録を探せと言われて
        作った感じが出すぎじゃ?w  」

三畳間「世界新って言っても海外じゃ通用しない記録だけど、ソフト化された
        際にレンタル店のPOPに書きやすい記録ではある 」

雑誌部「“あぶデカ年表”も載っていますね」

無知「年表見て気付いたのは、夕方の再放送でハマった『あぶ刑事』だけど
       興味が薄れたキッカケが中条静夫さんが亡くなったことだったの
       かもなぁ(´-д-`)  」

三畳間「劇場版は映画館で観たことが無いけど、唯一【あぶない刑事フォー
         エバー THE MOVIE】は試写会で観たっけ」

無知「庵野秀明が謎の男役で出演した≠チて書かれているけど、記憶に
          残って無いなぁ(゚ε゚)   」

三畳間「大崎章監督の映画【キャッチボール屋】は印象に残っている」

無知「庵野監督、本業よりも役者として活躍していた時期あったっけ?w 」

雑誌部「岩井俊二監督の映画【式日】の主演だったり、松尾スズキ監督の
        【恋の門】【クワイエットルームにようこそ】や石井克人監督の
        【茶の味】、蜷川実花監督の【さくらん】などに出演されて
        いますが(^_^;)  」

三畳間「アニメーション監督でありながら俳優として出演した映画の本数が
           これだけ多いのはスゴいよねぇ(゜ロ゜)  」




無知「【さらばあぶない刑事】のアクションシーンも楽しみだね( ´▽`)  」

雑誌部「ハーレーを駆りショットガンをぶっ放つタカ、横浜を全力で走り
        抜けるユージなど、お約束のガチアクションをノースタントで
        熱演。新型日産GT-Rを使ったカーチェイスも激しく華麗に
        魅せる。終盤にはあのレパードも復活≠ニ期待を裏切らない
        シーンがあるんですね」

三畳間「石原プロのドラマの頃から日テレの刑事ドラマには日産が全面協力
        しているってイメージが強いけど最近は石原プロがスズキ自動
        車のCMに出演するなどしているから今回の新作には日産が
        絡まないのかと心配した人も居たかもしれないけれど
        何の問題も無かったか( °_° )  」

無知「日テレが作る刑事ドラマには日産は必須!?w  」

posted by クロ at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年01月29日

日本では絶対に録れない音があるんだってばよっ の巻

『BRUTUS 2015年12月15日号』で雑談する会

雑誌部「[リズム]特集には、海外でレコーディングするミュージシャンが
      日本とは音が違うと言っていた理由の一つが判明しましたね」


三畳間「音が違うって、本当だったのか (゜ロ゜) 」


雑誌部「作曲家の岩崎さん曰くちょっと前まで劇伴はハンス・ジマー
       一色でした。彼の特色もドラムと単旋律。でもジマーみたいな
       ドラムの音を日本で録音しようとしても無理なんです。
       彼は700平方メートルくらいあるスタジオに、ドラマーを
       たくさん集めて録ってるから∞日本のレコーディング
       スタジオは最高でも140平方メートルくらいなので、超低音
       主義のジマーの音は絶対に録れない=v


無知「日本のスタジオに比べて広いのが
       理由の一つだったんだねぇ (・з・) 」


雑誌部「海外のスタジオはアビー・ロードの1スタで400平方メートル
       程度あるんです。日本映画でアビー・ロードの1スタを使って
       録音できたのは、【進撃の巨人 ATTACK ON TITAN】の鷺巣
       詩郎さんくらい。1スタは100人オケ規模のサイズですから=v


三畳間「色々残念な【進撃の巨人】だったけど、音楽に対しては相当な拘りが
          あったんだ( °_° ) 」


無知「アビーロードで録音したって事は製作費が潤沢だった証かな?」


三畳間「でも、第39回日本アカデミー賞優秀音楽賞には・・・」


雑誌部「【海難1890】の大島ミチルさん、【海街diary】の菅野よう子さん
       【バクマン。】のサカナクション、【日本のいちばん長い日】の
       富貴晴美さん、【ソロモンの偽証 前篇・事件】の安川午朗さん
       が、選ばれていますね」


無知「【進撃の巨人】は音楽面でも評価されず?」


雑誌部「 ・・・ 」

posted by クロ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年01月28日

安心してください、落下や水没が怖くなくなりますよ! の巻

『エンタミクス 2016年2月号』で雑談する会

雑誌部「《今月の絶対試したいデジモノ》で気になった製品はありますか?」


無知「カシオの[Outdoor Recorder EX-FR100]は魅力的だなぁ(´・∀・`)  」


雑誌部「堅牢防水で高画質、レンズとディスプレイを分離できるため、
         アタッチメントの装着で水中など苛酷な撮影にも対応。
         視野角の広い16mmレンズで、自撮りでも背景をしっかり
         描写≠キるなど色々な場面で使えそうですね(^ω^)  」


三畳間「予算少ないローカル局や自主映画作っている人には
           重宝される!? 」


無知「性能が良くて使い勝手がいいカメラが増えているのは嬉しいね」



三畳間「《今月の絶対試したいデジモノ》の見出しの四コマ漫画みたいな
           コピーも気になるな(´ε` )  」


雑誌部「「親が喧嘩中で空気悪い」ってぼやいたら、数時間後に空気
         清浄機がウチに。お祖母ちゃん(プライム会員)の計らい=v


無知「確かに新聞の四コマレベル!?w 」


雑誌部「一応、褒め言葉ですよね?w 」

posted by クロ at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年01月27日

1988年生まれと1993年生まれが語る俳優論 の巻

『BRUTUS 2015年12月15日号』で雑談する会

雑誌部「[俳優論]では、松坂桃李さんと菅田将暉さんの仲のいい先輩後輩が
          語る俳優論が載っていますね」

無知「松坂さんが初めて観た映画は【ジュラシック・パーク】なんだ」

雑誌部「親父に連れていってもらったんだけど、姉貴が号泣して、親父が
         姉貴と一緒に外へ出ていって、結局観てたのは
         僕一人(笑)≠ニ、映画の内容よりお姉さんの号泣の方が
         記憶に残ってしまっているんですね( ^∀^)   」

三畳間「映画の内容より初日舞台挨拶を見るために並んだときのハプニングや
          映画賞の授賞式での報道されない過激発言の方が記憶に
          残っていることも多々あるけどさ(^皿^)  」



無知「松坂さんは何故かお正月になると【フォレスト・ガンプ】を
          観たくなるんだ( °_° )   」

三畳間「正月に【フォレスト・ガンプ】って・・・なんでだろ?w 」

雑誌部「何回も観すぎていて、もはや何が面白いのかわからない(笑)≠ニ
           言うくらい観たんですね」

無知「まぁ、ジブリ作品みたいに定期的に放送されるたびに見ちゃう映画も
          あるから(゚〜゚)  」



三畳間「『仮面ライダーW』で引きこもりの少年役を演じることになった
        菅田さんに、役作りの参考に【羊たちの沈黙】を勧めた人が
        居たんだ」

雑誌部「人間味がないっていう意味≠ナ、アンソニー・ホプキンスの
           レクター博士を参考にしろと」

無知「『仮面ライダーW』にレクター博士の芝居をしたら浮くんじゃ?w 」



三畳間「松坂さんが【大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇】で共演した
        樹木希林さんのエピソードは若手の俳優が安易にマネしたら
        ダメだよね(^_^;) 」

雑誌部「台本はこうだったけど変えてみたのよって聞いてたんですね。
        相変わらず自由な方だなと思いつつ(笑)、そんなことで
        成立するのかと半信半疑で観たら、まあ面白いんです。
        人を笑わせるためには頭が良くないといけないんだからねと
        おっしゃっていて、本当だなと=v

無知「脚本家が書いた台詞よりも面白い台詞が浮かんだとしても
           採用される現場と採用されない現場があるからねぇ」



三畳間「松坂さんが【麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜】に出演した時に
         土井監督からのメールで救われたエピソードはステキやん」

雑誌部「土井監督から緊張でガチガチだった松坂さんに考えるな、感じろ
           です。明日は元気な姿で来てください≠ニいうメールが
           届いたんですね」

無知「シンプルでありながら心に突き刺さるメール!? 」

三畳間「ブルース・リーのパロディCMで話題になった松坂さんだから
            土井監督も色々気遣った一言にした?w 」

posted by クロ at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年01月26日

世界にはいろいろな人たちがいるってことを知ってほしい!? の巻

『BRUTUS 2015年12月15日号』で雑談する会

雑誌部「[LGBT]特集では、橋口亮輔監督が貴重なエピソードを
          披露していますね」

無知「橋口監督がゲイの日常を描いた映画が日本になかった1993年に
        【二十歳の微熱】を発表して、「ゲイを売り物にしてる」って
        結構批判された≠ニ仰っているけどゲイを題材にした
        【おこげ】は1992年に公開されたけどゲイの人達から批判
        多かった?」



三畳間「【ぐるりのこと】を作ろうとしていたときに
            プロデューサーから言われた一言が・・・」

雑誌部「こんな地味な夫婦の話なんてお金出ないよ。【ハッシュ2】なら
           出るけどね≠ニ言われたんですね(´・ω・`)  」

無知「パート2なら製作費が集まりやすいって安易な考え方の
         プロデューサーが多いのは事実だからなぁ(´゚ε゚`)  」



三畳間「橋口監督曰く日本でゲイをテーマにした映画はいまだ
        ほとんどないから、少しでもと思って最新作の【恋人
        たち】にはゲイのキャラクターを登場させたんだよね≠ニ」

無知「確かにバラエティ番組でオネェタレントブームになったのに
           映画は・・・無いか(゚〜゚) 」

雑誌部「ある程度の需要はあるとは思いますが・・・」



三畳間「ゲイ映画の意外なメリットは知らなかったなぁ(゜ロ゜) 」

雑誌部「ゲイ映画は、いわゆるジャンル映画として扱われる強みも
        あるんだ。【ぐるりのこと。】みたいな人間ドラマに
        分類されるアジア映画は、バイヤーも買い控えがちだけど、
        ゲイをモチーフにしているだけで配給が決まったり、映画祭に
        招待されることもあるのはたしか。しかもジャンル映画は
        絶対に廃れないからね=v

無知「ゲイで映画監督を目指している人の方が世界進出しやすい?」

三畳間「スマホで読めるBLマンガが人気あるんだからゲイ映画も
          ニコ動とかで流せば人気出たりするんだろうか?」

posted by クロ at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年01月25日

全国の女子高生にハマれば20億円が保証されている!? の巻

『BRUTUS 2015年12月15日号』で雑談する会

雑誌部「[視覚効果]特集には、映画【バクマン。】のエンドロールが
         大絶賛されている中島さんと森さんと上田さんのインタ
         ビューが載っていますね」

無知「投げっぱなしジャーマンスープレックスな発注に対して
            想像を超える完成度で期待に応えるって
            カッコ良過ぎる( ´3`)  」

雑誌部「映画史上誰も観たことのないエンドロール≠チて
              ハードルの高い発注ですからねぇ」

三畳間「斬新すぎると大人達から圧力があった!? 」

雑誌部「確かにいろいろ言われながら、説得したり脅したりして(笑)=v

無知「脅したって、スゴいな(^皿^) 」





雑誌部「[ティーンズラブ]特集は興味深いですね( °_° )  」

無知「『映画秘宝』や『映画芸術』では出来ない特集だよ」

雑誌部「本来、興行収入20億円超える作品が連発するジャンルですから
           映画専門誌でキチンと特集して分析しなければならない
           はずなんですが・・・」

三畳間「この特集によって、宇野さんと九龍さんの肩身が業界で狭くならない
          かな?w  」

無知「三木孝浩監督を高く評価したことで?w  」

雑誌部「それは無いですよ(^_^;) 」

無知「原作知らないからか、三木監督の【ソラニン】は良かったよ」

雑誌部「【ソラニン】は原作知っていても楽しめますよ(`・ω・´)  」



三畳間「少女マンガ実写化映画を劇場で観るメリットの話がw  」

雑誌部「宇野さん曰く女子高生の匂いやささやき、反応も含めた
        4DXですね。あと、男は原作の少女漫画を読んでいないから
        気軽に楽しめるというのもありますね。原作ではあーだった、
        こーだったって引っ掛かることもないし、いっそ無責任に
        楽しみましょう!=v

三畳間「シネコンに男が一人で少女マンガの実写化作品を観に行くってのも
           結構ハードル高いでしょ(´゚c_,゚` )  」

無知「キンコメ高橋さんみたいに制服だと犯罪に走ってしまう可能性があるが
         劇場で女子高生の匂いや囁きを楽しむのは・・・セーフ?w 」

posted by クロ at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記